メニュー

医院設備案内

 待合室

待合室

待合室は、なるべくゆったりとくつろいでいただけるよう配慮しています。

 診察室

診察室

診察室は、外部に話し声などが漏れないようプライバシーに配慮しています。

 処置室

処置室

処置室においても、できるだけプライバシーに配慮しています。

 

内科全般のプライマリケアに必要な基本的設備はほぼすべて備えています。
(X線撮影、胃電子内視鏡、腹部エコー、心エコー、頸動脈エコー、24時間心電図、血算測定器、吸入ネブライザー、酸素飽和度測定器、無呼吸症候群モニター、救命機材、自動除細動器など)

CTやMR、血管造影など更なる精査加療が必要な場合は最適な専門病院へご紹介しています。

 薬局

gpf3Photo120071001085847

院内処方を行っています。300種類以上の薬を扱っています。

 

処方箋を発行せず、直接当院で処方した薬をお渡ししています。処方箋料がかからないため患者さんの負担が軽くて済みます。また患者さんの個人情報を当院一箇所で管理でき、全体の待ち時間も少なくできるというメリットがあります。 (医療界の流れは国の政策誘導により院外処方に向かっていますが、 今のところ当院はできるだけ院内処方を堅持していきたいと考えています。)

レントゲン室

gpf3Photo220071001085848

主に胸部レントゲン撮影を行います。
 

内視鏡室

s-P1370508胃カメラをする部屋です。内視鏡洗浄装置もあります。

  超音波室  

s-P1370536 腹部や心臓以外に、頸動脈や甲状腺のエコー検査もできます

 

 特色とする治療法など

呼吸不全の方の在宅酸素療法や睡眠時無呼吸症候群のCPAP療法も行っております。

整形外科は専門ではありませんので、本格的なリハビリは行っていませんが、通常の肩こり、腰痛症、関節痛、神経痛、筋肉痛などを治療する一般的なリハビリ機器は備えております。

 高周波治療器

gpf3Photo420071001085850

びりびり電気を流して、痛みを治療する機器です。

院長も肩こりや腰痛のとき利用します。

  レーザー治療器と温熱治療器

gpf3Photo520071001085850

レーザ光線やマイクロ波で局所を照射し痛みを和らげる機器です。

院長も首を痛めたときよく利用しました。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME